薄毛に悩む男性必見!人気の男性育毛剤おすすめランキング紹介中!

脱ハゲ!2323(フサフサ)ラボ♪

抜け毛対策

男性の抜け毛予防・薄毛対策は20代からのケアが重要?

投稿日:

「まだ20代なのにおでこの生え際が薄くなってきた気がする…このまま放っておいたらヤバイかも…」と鏡を見るたび暗い気持ちになってませんか?

「ハゲ対策はもっと年をとってからでいいや…」と考えずに、薄毛対策は今日から始めましょう!

若いうちからハゲ予防しておくのは実はとても有意義です。

正しいケアは必ず結果を残してくれますので「まだいいや…」と考えている人も、正しい薄毛予防について知っておくのはとても大事なことです。

このページでは、正しいハゲ予防から薄毛治療までを分かりやすくまとめていますので、鏡を見て暗い気持ちになる若い方はぜひ参考にして、さっそく今日から薄毛予防を始めましょう!

 

薄毛対策は本当に意味がある?

「ハゲなんて遺伝性のものだろ?一生懸命対策しても結局ハゲるんじゃ意味ないんじゃないの?」と疑う方もいるかもしれませんね。

確かにハゲは遺伝によるところも大きいですが、ハゲが進行しやすい頭皮環境を作ってしまう「後天的な要因」も大きな原因となります。

遺伝により、確かにじわじわとおでこは後退していきますが、後天的な原因を徹底的に取り除けば進行をかなり遅らせることができるのです。

今の若いうちから徹底したハゲ対策をしておけば、10年後20年後が大きく違ってきます。

年をとってハゲ対策を始めてもそれなりに効果はありますが、若い健康体の今からやっておけば、体の一部である髪は必ず期待に答えてくれます。

 

20代からハゲるのは珍しい?

20代からハゲる「若ハゲ」は特に珍しいことではありません。

30代40代50代よりは割合は少なくなりますが、20代後半あたりからおでこが後退してくる人は結構います。

みんな髪の毛で隠していますが、鏡の前で密かに悩んでいる人は多いのではないでしょうか?

このまま何も対策しないで放置すると、髪の毛はどんどん細くなり、産毛のような弱々しい髪の毛になっていきます。

20代からハゲることは大いにあると認識して、実際にハゲが始まった人や、遺伝で将来ハゲる恐れのある人は、若い今のうちから対策をとっていきましょう。

 

ハゲ対策は早めに始めても害はない?

ハゲ対策は早く始めれば始めるほど有効です。

ここで説明する対策は、副作用が発生するような方法はありませんので、若いうちから続けても害はなく、かえって体が健康体になっていく方法ばかりです。

なぜハゲ対策を若い頃からやったほうがいいのかというと、年をとってからと若いうちでは体の健康度が違うからです。

ハゲ対策には「血行」が大きな鍵を握っているのですが、中年になるとどうしても血管年齢や血液の状態に陰りが見え始めます。

まだ血管もキレイで、対策をすればすぐに血行が整う今が一番、ハゲ対策には打ってつけの時なのです。

それに、今から対策を覚えて中年になっても続けていれば、自然と血管年齢も若くなり、生活習慣病などのリスクも抑えることができます。

ハゲ対策をぜひ覚えてもらって今から習慣にすれば、髪はもちろん、健康にも大きな差が出てきます。

 

20代でも育毛剤を使えばハゲは改善する?

20代でハゲが始まると慌てて「育毛剤をつけなくちゃ!」と考える人も多いかと思いますが、ハゲ改善には、育毛剤と発毛剤があるのを知っていますか?

育毛剤は頭皮の環境を整えてくれるもので、間接的に毛髪にも効果的ですので積極的に使っていきたいものですが、AGA(男性型脱毛症)を改善する薬品が入っている発毛剤のほうが髪には直接的です。

ここではまず、育毛剤の効果とは何なのか、詳しく見ていきましょう。

 

育毛剤のハゲ改善効果①:頭皮の血行不良を改善する

育毛剤には、センブリエキスを始めとする血管拡張作用がある成分が豊富に含まれており、頭皮の血行を改善してくれる効果があります。

髪の毛の健康も、血行が大きな鍵を握っていますので、血行の改善なくしてハゲ改善は有り得ません。

血行を少しでも良くして、栄養分を髪1本1本に行き渡らせることが大切ですが、育毛剤はその血行改善を促進する効果があります。

 

育毛剤のハゲ改善効果②:頭皮の清潔を保つ

頭皮はとても汚れやすいところです。

髪の毛があり風通しも悪く、汗や皮脂も発生しやすい場所なので、雑菌が大量発生しやすい環境です。

雑菌は頭皮環境を悪化させ、ハゲ改善とは逆の方向を向くものですので、できるだけ取り除かないといけません。

育毛剤には、オウゴンエキスなど頭皮を殺菌してくれる成分が配合されたものが多く、頭皮を清潔に保ち、髪が健やかに伸びる環境を作ってくれます。

 

育毛剤のハゲ改善効果③:頭皮と毛髪に栄養を与える

育毛剤には、アミノ酸やギアシンなどの栄養分が含まれているものがたくさんあります。

髪や頭皮に良いとされる栄養分を、直接的に行き届かせる効果が育毛剤にはあります。

ここまでの話でもわかるように、育毛剤は「髪の毛が生えてくる土台を整える」効果があり、髪を直接的に生やすものではありません。

要するに、まだ髪がフサフサでハゲの心配はないけど、将来が少し不安…という人には育毛剤は効果的ですが、すでにおでこのハゲが現れた人は、AGA(男性型脱毛症)である可能性が高いので、髪を生やしてくれる薬品が入った発毛剤のほうが適している…ということです。

 

ハゲ予防・薄毛対策は20代から始めよう

では、ここから20代から始めるハゲ予防、薄毛対策の具体的な方法を説明したいと思います。

今日から始められることもありますので、薄毛が心配であるならさっそく始めましょう。

 

20代から始めるハゲ予防・薄毛対策①:育毛剤で頭皮の健康を保つ

ハゲ予防には、まず頭皮の環境を整えることが大切になってきます。

評判の高い育毛剤を用意して、清潔にする成分、栄養を与える成分に助けてもらいながら頭皮の環境を整えましょう。

 

20代から始めるハゲ予防・薄毛対策②:正しいシャンプーをする

次に、正しいシャンプーのやり方を覚えましょう。

毎日洗髪を行っていると思いますが、間違っているやり方ではかえってハゲを促進しかねませんので、この機会に正しい方法をしっかり覚えて、今日からきちんとやっていきましょう。

まず、基本前提ですが、1日1回は洗ってください。

「頭皮環境を清潔に保たなきゃ!」と1日に2回も3回も洗うと、皮脂のバランスが崩れ頭皮トラブルの元となり、かえって薄毛を促進しますので、1日1回丁寧に洗うようにしてください。

シャンプーは、まず頭をお湯で充分に濡らし、シャンプーを手に取り、泡立ててから頭に乗せます。

次に、指の腹を使い、頭皮を揉むように動かしながらシャンプーを泡立てていきます。

爪を立ててゴシゴシ泡立てる人がいますが、かゆみが取れて気持ちいいのですが、頭皮にはマイナスなので絶対にやらないでください。

シャンプーは髪を洗うのではなく、「頭皮」を洗う感覚を持ちましょう。

シャンプーが終われば、すすぎ残しなくすすいで、お風呂から上がったらすぐにドライヤーで乾かしましょう。

すすぎ残しがあったり自然乾燥すると、頭皮に雑菌がわきやすいのです。

雑菌が繁殖すると頭皮に大ダメージになりますので、すすぎ残しと自然乾燥は絶対にNGです。

 

20代から始めるハゲ予防・薄毛対策③:栄養を考えて食事をする

栄養バランスを考えた食事は、今から習慣づけておくと将来髪にも有利ですし、健康にも効果がありますので、必ず行って欲しい対策です。

毎日のようにラーメンや唐揚げなどを食べていると、脂質が多くなり、頭皮の皮脂過多に繋がります。

若い頃に好むような食事は塩分も高く、これを長年続けると循環器に影響が出てきます。

また、毎日のようにコンビニ弁当などで済ませていると、タンパク質や亜鉛、ビタミンなどの髪の健康に大切な栄養分が足りなくなり、髪が細く弱くなって抜け毛が増えてきます

髪の毛を守りたいなら、野菜や穀物を中心とした食事を心掛けるべきです。

 

20代から始めるハゲ予防・薄毛対策④:運動習慣をつける

運動習慣をつけると薄毛にどんな効果があるかと言うと、「血行促進」と「ストレス解消」、そして「男性ホルモンであるテストステロンの阻害」という効果があります。

運動をすると血行が良くなりますので、体の中から頭皮への栄養を行き渡らせることができます。

次にストレス解消ですが、次にも詳しく述べますが、ストレスは血行を悪化させますので、できるだけ解消するほうが髪には良いのです。

そしてテストステロンの阻害ですが、AGA(男性型脱毛症)は、テストステロンがある物質と結合して「ジヒドロテストステロン」を生成して起こりやすくなります。

運動して筋肉や骨を動かすと、テストステロンが筋肉増量や骨形成に使われて、その分薄毛の原因になるジヒドロテストステロンの量を減らすことができるとも言われています。

運動は、有酸素運動で血流促進、筋トレでAGAの原因物質ジヒドロテストステロンの減少を目指して行っていきましょう。

 

20代から始めるハゲ予防・薄毛対策⑤:ストレスを溜めない

ストレスは薄毛の大敵です。

ストレスが溜まってくると自律神経が乱れて、血管を収縮し血行が悪くなります。

血行不良になると、頭皮までの血液の流れが悪くなり、せっかく整えた栄養が行き渡らなくなります。

運動や楽しい趣味でストレスを解消するのは、ハゲ予防にはとても大きな効果がありますので、ひとつでもふたつでも自分なりのストレス解消法を持っておけば、これも立派な薄毛対策となります。

 

20代から始めるハゲ予防・薄毛対策⑥:飲み過ぎや喫煙を控える

飲み過ぎやタバコの吸いすぎは、皮脂の増加や血行不良、そして栄養不足を引き起こしますので薄毛の大敵となります。

飲み過ぎは皮脂の増加に繋がり、ニコチンは血管収縮作用による血行不良と、ビタミンの破壊による栄養不足になりやすく、頭皮環境や頭皮の栄養状態に大ダメージを与えます

若い頃からこんな習慣を持っていてはハゲまっしぐらですし、健康にも良いはずがありませんので、悪い習慣は今のうちにやめるように心がけていきましょう。

 

ハゲ予防のためのシャンプーの選び方とは?

頭皮や髪のことを考えると、シャンプーも適当には選べません。

毎日頭皮に直接つけるものですから、自分に合うシャンプーをしっかり吟味して選ぶ必要があります。

では、薄毛対策のためのシャンプーの選び方をお話します。

 

ハゲ予防のためのシャンプー選び①:洗浄成分を知る

シャンプーには必ず「界面活性剤」と呼ばれる洗浄成分が入っていますが、どのシャンプーも同じではなく、異なった成分が入っています。

シャンプーに含まれる成分は、大きく分けて、アミノ酸系、石鹸系、石油系(高級アルコール系)の3種類に分類されます。

この3種類はそれぞれ洗浄力が違いますので、違いをよく知り、自分に合ったシャンプーを選んでいきましょう。

 

ハゲ防止のために知っておきたいシャンプーの洗浄成分
アミノ酸系 界面活性剤 洗浄力が弱い(低刺激)
石鹸系 界面活性剤 アミノ酸系より洗浄力がやや強い
石油系(高級アルコール系) 界面活性剤 洗浄力が強い

 

ハゲ予防のためのシャンプー選び②:頭皮の肌質に合うものを選ぶ

自分の頭皮が乾燥ぎみの敏感肌なのに、強い洗浄力の石油系シャンプーを使っていると、いくら栄養やストレスなど改善方法を頑張っても、なかなか頭皮の健康度は上がりません。

人それぞれ肌質は違いますので、髪や頭皮を気にするなら自分に合ったシャンプーを選んでいく必要があります。

ドラッグストアなどで売っている手頃な値段のシャンプーは石油系であることが多いので、「あ、自分はすぐ頭皮が痒くなるな…フケもよく出るし」と心当たりのある人は、シャンプーの表示をよく見てアミノ酸系を選んでいきましょう。

「すぐベタつくし、なんか脂くさい…」という人は、石鹸系のシャンプーを選ぶとスッキリ洗いあがる可能性があります。

 

20代から薄毛治療を受けてもハゲを予防すべき?

「ハゲ予防や薄毛治療なんか年を取ってからでいいや!今はまだ大したことない!」と目を背けたくなる気持ちもわからなくもないですが、若いうちから取り組んでおいたほうが良い理由があります。

次に、若いうちからハゲ予防、薄毛治療を始めたほうが良い理由をお話します。

 

毛周期が終わるともう毛は生えてこない!

人間の毛には「毛周期」というものがあります。

毛は生えてから自然に抜けるというサイクルを繰り返していますが、その回数は決まっていています。

だから老人になると女性でも毛が薄くなりますが、これは毛周期が終わってしまった毛根が増えてくるせいです。

毛周期が、早い時期にハゲ予防、薄毛治療を始めたほうが良い理由に関わってきます。

 

毛周期がたっぷりある今のうちにハゲ予防。薄毛治療を!

まだ20代ということは、まだまだ毛周期の回数が残っています。

結局、老人になれば毛周期の終焉が訪れて毛を失ってしまいますが、AGA(男性型脱毛症)で抜けるに任せて無駄にしてしまう前に、髪にたっぷりと栄養を与えて元気に維持したくありませんか?

今からしっかり髪を維持する対策を行えば、女性の老人くらいは毛を残せるかもしれないのです。

中年くらいからハゲ防止、薄毛治療を始めても、残り少ない毛周期を前にただ焦るだけ。

まだまだ毛周期がある今、大事にすれば難を逃れるかもしれない可能性に向かって今から対策に乗り出すのは、思っているよりも大事なことなのです。

 

AGA専門クリニックのカウンセリングを受けるのも有効です

ここに書いてあるセルフケアだけでは心配だと言う方は、AGA専門のクリニックに相談に行ってみるのも良い方法でしょう。

男性特有の薄毛のことなら何でも相談できますし、無料カウンセリングを実施しているところもあります。

どんなことでも相談して不安を取り除いてもらいましょう。

 

まとめ:さっそく抜け毛予防と薄毛対策を始めましょう!

ハゲは遺伝によるところも大きいですが、生活習慣などから来る後天性の原因も大きな割合を占めています。

まだ若いから…と言っていると、あっという間に30歳…35歳…その頃には「なぜあの時始めなかったんだ!」と後悔する可能性は高いです。

 

  1. 育毛剤で頭皮の環境を整え栄養を与える
  2. シャンプーの成分にも気を配りながら正しいシャンプーを行う
  3. 不摂生をやめ、バランスの良い食事を心掛ける
  4. 定期的に運動をする
  5. ストレスを溜めないようにする
  6. 飲み過ぎや喫煙を極力控える

この生活習慣を守れば、後天性の原因を極限まで抑えることができます。

毛周期の期限もありますので、中年になってから焦るのではなく、今のうちから余裕を持ってケアしていくと自分の自信にも繋がり、ストレス緩和にも繋がるでしょう。

-抜け毛対策

Copyright© 脱ハゲ!2323(フサフサ)ラボ♪ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.